studying-951818_1280

フィリピンへ留学する時の持ち物とは

近年、留学先として話題になっているフィリピン。

フィリピンに留学することが決まった場合、
日本からどのようなものを準備して持っていけばよいのでしょうか。

フィリピン留学に日本から持っていくものとして、
最初に文房具があげられます。

物価が安いことでも魅力のあるフィリピンですが、
なぜか文房具の値段は高い傾向にあります。

ノートやペンなど、日本の場合は100円均一のお店でも、ある程度の質を持った商品を、容易に購入することができますが、フィリピンの場合は同じ程度のものでも、値段は1.5倍から2倍にもなります。

勉強用に使うノートやペンなどは日本で用意しておくと、
費用の節約にもつながります。

ペンやノートだけでなく、ハサミやセロハンテープ、のり、蛍光ペンなどもあると便利です。

次に日本から持っていくものとして、カメラや携帯電話の防水ケースがあげられます。
フィリピンに留学すると、船を使って島を巡ったり、マリンスポーツを行うなど、海で遊ぶ機会が必然的に多くなります。

そんな時にカメラや携帯電話を海に落としてしまう被害はよく聞かれます。
このような万が一のことに備えて、防水ケースの準備をしておくとよいでしょう。

そして折り畳み傘も必要になります。
フィリピンでは、6月から10月の雨季には突然のスコールが発生することがあります。

この時期に留学予定がある人や長期にわたって滞在する人には、
折りたたみ傘が必要です。

日本の通り雨とは違い、全身ずぶぬれになるレベルのスコールなので、めんどくさがらずに、持ち歩くようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *